スポンサードリンク

江原啓之のオーラの泉・檀れい

0

           ☆檀れいさんのプロフィール

    檀 れい(だん れい)1971年8月4日
    日本の女優、タレントで、元宝塚歌劇団月組、星組トップ娘役である。本名、及川 まゆみ(おいかわ まゆみ)。
    松竹エンタテインメント所属。芸名は自身の本名である「まゆみ」にちなんでおり、同音の樹木・檀(マユミ)に由来している。夫は歌手・俳優の及川光博。

    兵庫県浜坂町(現在の新温泉町)に生まれる。幼稚園時代に学芸会で褒められたことがきっかけで、高校時代にファッション雑誌の読者モデルを経験するなど、人前に立つ仕事に興味を持つようになる。兵庫県立浜坂高等学校を卒業。

    1990年、宝塚音楽学校入学。1992年、第78期生として宝塚歌劇団入団。入団時の成績は40番(最下位)。雪組『この恋は雲の涯まで』で初舞台を踏む。

    1993年に月組に配属後、1997年に雪組に異動。それまで大きな役が付くことはなかったが、1998年『浅茅が宿』新人公演最後となる入団7年目で初めてヒロインに抜擢され、翌年より真琴つばさの相手役として月組トップ娘役に就任。2度の中国公演に参加し「楊貴妃の再来」という最大の賛辞が送られた。北京語でのソロも披露した。

    2001年の真琴退団後は専科へ異動となり、外部出演等を経て、2003年には湖月わたるの相手役として、星組トップ娘役に就任。『王家に捧ぐ歌』のアムネリス、『花舞う長安』の楊貴妃などが当たり役となった。2005年、『長崎しぐれ坂』をもって退団した。

    退団後は女優として新たなキャリアをスタート。2006年12月に映画『武士の一分』で銀幕デビューを果たす。日本アカデミー賞優秀主演女優賞をはじめ、数々の映画賞を受賞。

    2009年6月9日より舞台『ゼブラ』に4姉妹の次女役として出演予定だったが、鉄欠乏性貧血のため降板することとなった。

    2010年3月30日より、NHKで放送された『八日目の蝉』で、ドラマ初主演を務めた。

    2011年7月27日、歌手・俳優の及川光博と結婚した。

    2012年、宝塚歌劇団退団後初めてCDアルバムに参加した。参加したのは、遊佐未森のアルバム『淡雪』(ウィキペディアより引用)


              ◎スピリチュアル・チェック

    ・人生の転機・・・宝塚に入ったとき。

    ・怖いもの・・・人。

    ・海外で心惹かれる国・・・昔の中国。

    ・よく見る夢・・・なぜか分からないが、よく夢に出てくる街がある。

    ・今の心境・・・緊張してます。


              ◎前世

    前世の共通点は女の園、と江原啓之さん。

    前世は、中国の宮廷にいた女性。信仰心があり、仏のようになりたい、とずっと思っていた。女性の業を取りたいため。女性ゆえの苦労に翻弄されていた。

    心休まるのはお堂だった。檀れいさんは、お香の中にいる感じ、と江原啓之さん。お香の匂いは大好きで落ち着く、と檀れいさん。

    芳香現象、というのがある、と江原啓之さん。お香を焚いていないのに、香りがする心霊現象。過去世からの信仰の力。檀れいさんには霊的能力もある。

    前世では、京劇の女形役者のような格好をしていた、と美輪明宏さん。
    宝塚では、楊貴妃をしたことがある、と檀れいさん。楽しく演じられ、観客にも好評だった。

    前世では、罪を犯している、と江原啓之さん。自分を守るためにやっている。罪を許してもらうため、信仰に向かっている。

    今世では戦わないことの勉強。自分との戦いはあるが、人との戦いからは卒業した。

    解決しないで生きていると、同じ人生を繰り返す、と美輪明宏さん。
    自己分析をして、自己改革をすれば、新しい人生が始まる。
            ◎人生の転機

    人生の転機は、高校卒業後、宝塚音楽学校に入学したこと。大学受験を考えていたが、何か違うと思っていた。本当はお芝居がやりたい、と思い宝塚に入った。宝塚に入るには普通、子供の頃から踊りや歌のレッスンをするが、3ヶ月間で歌と踊りの勉強をしただけで合格した。

    両親は心配しなかった。小さい頃から両親に、好きな道に進みなさい、と言われていた。お父さんは、突拍子も無いことをする子だったため、女の子と思っていなかった、と江原啓之さん。檀れいさんは、見かけと違って男の子。自分でもそう思う、と檀れいさん。

    何も知らないで宝塚に入ったため、間違っちゃったかな、と思った。
    宝塚の厳しいルールを覚えるのが大変だった。

    母には、夜中に電話をし、弱音を吐いたことがある。帰ってきなさいと言われたが、悔しくなり辞めないと負けじ魂が働いた。

    トップに抜擢されたのは、突然だった。トップになってからのほうが大変だった。

    努力は惜しまない人だが、天性の目的がある、と江原啓之さん。勘違いして欲しくないのは、選ばれるには、資質と気がきちっとしていること、と美輪明宏さん。
    マイナス思考で性格が悪い場合は、選ばれずにチャンスが無くなる。
    チャンスを掴むのは、自分の気魂次第。


              ◎守護霊

    守護霊は、巫女さん。宝塚を退団してから、自分のために時間が使えるのが幸せ、とおっしゃっている。

    宝塚を辞めるとき、思い残すことは何も無かった。安堵感があった。

    守護霊の巫女さんは、前世の一つでもある。自分の守備範囲があるため、世間知らずの部分がある。これからはもっと世界を見ること。

    スポンサードリンク
    コメント
    コメントする








        
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    江原啓之 オーラの泉 明日への扉 スピリチュアル

    江原啓之 オーラの泉で有名な江原啓之(えはらひろゆき)と美輪明宏(みわあきひろ)の出演でおなじみのスピリチュアル前世占い!オーラの泉のオーラ診断!前世!守護霊!スピリチュアルな事を詳しく紹介していきます!!!
    スポンサードリンク

    Profile

    Selected entries

    Categories

    Archives

    Recent comment

    Links

    mobile

    qrcode

    Search

    Others

    • 管理者ページ
    • RSS1.0
    • Atom0.3
    • スポンサードリンク

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM